注意!サインバルタの危険な組み合わせ

サインバルタの正しい服用方法とは?別の薬と服用する場合は気をつけましょう。 - 妊娠中とサインバルタ

妊娠中とサインバルタ

妊娠中は女性ホルモンが安定しないので、精神的に安定しないという人も少なくありません。
特に元々うつ病で抗うつ剤を服用している場合だと、その精神状態が気になりますよね。
では、抗うつ剤のサインバルタは、妊娠中にも服用を続けても大丈夫なのでしょうか?

サインバルタは妊娠中の服用は大丈夫?

多くの薬は、体質が変化し、赤ちゃんに影響を与える可能性がある妊娠中は控えた方がいいと言われています。
そのため、妊娠中は普段服用している風邪薬さえ、服用をためらう人もいるでしょう。
では、副作用が少ないサインバルタの薬ですが、妊娠中も服用しても大丈夫なのでしょうか?

これは非常に難しい問題です。
服用しても絶対に大丈夫とは言えませんし、かといって薬物治療を行わずうつ病の症状が悪化しても大変な事になってしまうからです。まず、妊娠12週の初期の状態では、赤ちゃんの重要な臓器が作られる時期なので、極力控えたいところです。
しかし、サインバルタの薬を服用したから、胎児に影響が出たという報告はありません。

ただし、母体への影響としては、妊娠高血圧症になるリスクが高くなり、出産時に出血が多くなる可能性が高くなります。
さらに胎児への影響は、ほとんどありませんが、母親が抗うつ剤を服用する事で、胎児にも抗うつ剤の薬の成分の影響を受けています。そのため出産後は離脱症状が現れる可能性は高いと言えるでしょう。

そのため、妊娠中はサインバルタの服用を極力控えるか、減量を行い、そして出産後に産後うつ病になった場合に、薬物治療を再開させ、授乳を止めて粉ミルクで育てるという方法が最もリスクを減らせる方法だと考えられています。

妊娠中は臨機応変に対応

妊娠中は抗うつ剤であるサインバルタは、極力控えた方がいいというのは胎児の健康を考慮すれば、リスクを取らない方法です。
しかし、妊娠中にサインバルタの服用を止めた事で離脱症状が生じてしまったり、うつ病の症状が悪化してしまうケースもあります。
その場合は、症状を診て、サインバルタの服用を続けた方がいいと診断するケースもあります。

要は、どうすれば最も母子ともに健康でいられるかが1番重要なので、適切な対処法は臨機応変に、患者の症状に合わせて変えていくしかないと言えるでしょう。

関連する記事